四季彩一力

所在地:福島県

用途 :日本旅館

 

 1918年(大正7年)開業と古く、老舗旅館としての知名度も高い。周囲は高い樹木に囲まれた独自の恵まれた環境を有していて、名園「水月園」には猪苗代湖よりの豊かな川の流れがえんえんとそそぎ、庭中央の大きな池を回遊して緩やかに流れている。


 計画に当たり、「四季彩一力」のもつ魅力のひとつとして庭を積極的に取り入れ、独自の環境を確保することを考えた。建物を穏やかなU字型とし、客室は静かでゆったりとした環境を考え敷地奥西側の庭に面して配し、西裏山の砕石場を視線から切り離し建物で隠し、和風の陰の深さを出すため外壁を雁行させた。


 旅は余韻である。余韻とはその人の心の中に残る風情である。

正面外観。左手がエントランス
正面外観部分
エントランスアプローチ
エントランス。コンクリート造形の漆喰の壁をくりぬいた円の中から川が流れる
客室棟よりロビー、新宴会場棟を見る
吹き抜けよりケヤキ列柱上部花びらを見上げる
客室
フロント

四季彩一力

所在地:福島県

用途 :日本旅館

 

 1918年(大正7年)開業と古く、老舗旅館としての知名度も高い。周囲は高い樹木に囲まれた独自の恵まれた環境を有していて、名園「水月園」には猪苗代湖よりの豊かな川の流れがえんえんとそそぎ、庭中央の大きな池を回遊して緩やかに流れている。


 計画に当たり、「四季彩一力」のもつ魅力のひとつとして庭を積極的に取り入れ、独自の環境を確保することを考えた。建物を穏やかなU字型とし、客室は静かでゆったりとした環境を考え敷地奥西側の庭に面して配し、西裏山の砕石場を視線から切り離し建物で隠し、和風の陰の深さを出すため外壁を雁行させた。


 旅は余韻である。余韻とはその人の心の中に残る風情である。

正面外観。左手がエントランス
正面外観部分
エントランスアプローチ
エントランス。コンクリート造形の漆喰の壁をくりぬいた円の中から川が流れる
客室棟よりロビー、新宴会場棟を見る
吹き抜けよりケヤキ列柱上部花びらを見上げる
客室
フロント

四季彩一力

所在地:福島県

用途 :日本旅館

 

 1918年(大正7年)開業と古く、老舗旅館としての知名度も高い。周囲は高い樹木に囲まれた独自の恵まれた環境を有していて、名園「水月園」には猪苗代湖よりの豊かな川の流れがえんえんとそそぎ、庭中央の大きな池を回遊して緩やかに流れている。


 計画に当たり、「四季彩一力」のもつ魅力のひとつとして庭を積極的に取り入れ、独自の環境を確保することを考えた。建物を穏やかなU字型とし、客室は静かでゆったりとした環境を考え敷地奥西側の庭に面して配し、西裏山の砕石場を視線から切り離し建物で隠し、和風の陰の深さを出すため外壁を雁行させた。


 旅は余韻である。余韻とはその人の心の中に残る風情である。

正面外観。左手がエントランス
正面外観部分
エントランスアプローチ
エントランス。コンクリート造形の漆喰の壁をくりぬいた円の中から川が流れる
客室棟よりロビー、新宴会場棟を見る
吹き抜けよりケヤキ列柱上部花びらを見上げる
客室
フロント

(C) 2015  羽深隆雄・栴工房設計事務所 Takao Habuka & S.E.N. Architect Associates