仙寿庵

所在地:群馬県

用途 :日本旅館

 

 設計にあたってのクライアントからの要求は、全室から谷川岳が展望でき、全室露天風呂付きにしてほしいということのみであった。いつからか私には桂離宮が無意識のうちにいつも心のどこかに見え隠れしていた。それらを育む設計手法をたどってみると、実に緻密に「押さえて、振って、そして開いている」ことに気づかされる。


 自然の形態や場面は異なっているが、谷川温泉の仙寿庵に、この空間操作や手法を新たな発想を織り込みながら取り入れている。玄関は桂離宮のあられこぼしとまではいかないが、斜めに張った石の間に豆砂利を洗い出した仕上げとしている。少し斜めに振った式台には、ステンレスの細い糸で織られた畳が敷き込まれ、繊細な組子障子を開けると、曲面ガラスに映し込まれた谷川の大自然と出会う。

早朝の仙寿庵
曲面廊下夜景
曲面廊下夕景 漆喰と土壁仕上げ
玄関式台 ステンレスの畳が左手障子からの光を呼び込み鈍く光る
玄関式台正面を見る 土壁に江戸墨流し
玄関より式台越にロビー方向を見る
フロント前よりラウンジ方向を見る
料理茶屋のホール天井の江戸墨流しを見上げる
客室内部
大浴場
露天風呂

仙寿庵

所在地:群馬県

用途 :日本旅館

 

 設計にあたってのクライアントからの要求は、全室から谷川岳が展望でき、全室露天風呂付きにしてほしいということのみであった。いつからか私には桂離宮が無意識のうちにいつも心のどこかに見え隠れしていた。それらを育む設計手法をたどってみると、実に緻密に「押さえて、振って、そして開いている」ことに気づかされる。


 自然の形態や場面は異なっているが、谷川温泉の仙寿庵に、この空間操作や手法を新たな発想を織り込みながら取り入れている。玄関は桂離宮のあられこぼしとまではいかないが、斜めに張った石の間に豆砂利を洗い出した仕上げとしている。少し斜めに振った式台には、ステンレスの細い糸で織られた畳が敷き込まれ、繊細な組子障子を開けると、曲面ガラスに映し込まれた谷川の大自然と出会う。

早朝の仙寿庵
曲面廊下夜景
曲面廊下夕景 漆喰と土壁仕上げ
玄関式台 ステンレスの畳が左手障子からの光を呼び込み鈍く光る
玄関式台正面を見る 土壁に江戸墨流し
玄関より式台越にロビー方向を見る
フロント前よりラウンジ方向を見る
料理茶屋のホール天井の江戸墨流しを見上げる
客室内部
大浴場
露天風呂

仙寿庵

所在地:群馬県

用途 :日本旅館

 

 設計にあたってのクライアントからの要求は、全室から谷川岳が展望でき、全室露天風呂付きにしてほしいということのみであった。いつからか私には桂離宮が無意識のうちにいつも心のどこかに見え隠れしていた。それらを育む設計手法をたどってみると、実に緻密に「押さえて、振って、そして開いている」ことに気づかされる。


 自然の形態や場面は異なっているが、谷川温泉の仙寿庵に、この空間操作や手法を新たな発想を織り込みながら取り入れている。玄関は桂離宮のあられこぼしとまではいかないが、斜めに張った石の間に豆砂利を洗い出した仕上げとしている。少し斜めに振った式台には、ステンレスの細い糸で織られた畳が敷き込まれ、繊細な組子障子を開けると、曲面ガラスに映し込まれた谷川の大自然と出会う。

早朝の仙寿庵
曲面廊下夜景
曲面廊下夕景 漆喰と土壁仕上げ
玄関式台 ステンレスの畳が左手障子からの光を呼び込み鈍く光る
玄関式台正面を見る 土壁に江戸墨流し
玄関より式台越にロビー方向を見る
フロント前よりラウンジ方向を見る
料理茶屋のホール天井の江戸墨流しを見上げる
客室内部
大浴場
露天風呂

(C) 2015  羽深隆雄・栴工房設計事務所 Takao Habuka & S.E.N. Architect Associates